禁欲学園

「オナ禁」を「学び」に

オナ禁30日間した時の思い出 

こんにちは、亀太郎です。

今日は自分が数年前の4月末から6月頭まで、約30日間オナ禁した時のお話をしたいと思います。

 

オナ禁ビギナーだった5月のあの日

自分は初めて、一ヶ月以上のオナ禁に成功した、、、

 

今振り返ると、オナ禁30日を達成する前の思い出はない。

当時大学3年生

ただひたすら大学の勉強とゲームと筋トレを繰り返すだけの日々だった。

堕落していたが、決して退屈な日々ではなかった。

きっとそれが、オナ禁が続いた理由だと思う。

 

オナ禁が30日を突破した朝のことを良く覚えている。

大学の授業が始まるのは9:00。だかその日の私は朝の5:30から起きていた。自然に。

 

そして着替えて顔洗って髪を整えると、そのまま自転車でアパートの近くの温泉施設に向かった。

なんとそこで朝風呂に入った。周りは老人だけ、自分だけ大学生。授業がある日に、温泉で朝風呂に入る大学生など日本にいるのだろうか、、、当時の自分はちょっと頭がおかしかったのだろう。

 

温泉から出て7:00。体はホカホカ。そのまま自転車で駅の方までサイクリングに行った。朝の誰もいない駅までの道、新鮮そのものだった。

 

そしてその後ほとんどまだ開店していないていない商店街を自転車から降りてぶらぶらした。懐かしいメロディの邦楽が流れてくる。仏具屋さんの線香の香りとともに。

 

帰りにコンビニでサラダを買って家に帰ってから食べた。その後プロテインも飲んだ。商店街で聞いたあの曲をスマホで調べながら。

 

その後は普通に大学に行き、授業を受けた。

 

大学の授業が始まるまでのたったの3時間のことだが、今でもよく覚えている。

あの時は何も用事がないのに自転車で外に出ることがとても楽しかった。まるで小学生のようだ。

 

その2日後、リセットしてしまいましたが、、、

 

禁欲すると、あの頃みたいに、人生がもっと楽しくなると信じてがんばります。

ではまた今度!

 

亀太郎